<うまく相談するポイントは?>

前回は、家族が高齢になり、また病気を機に、今まで出来ていた生活が少しづつ難しくなった際の相談の窓口は地域包括支援センターとお伝えしました。しかし、思うように相談しても進まないケースがあります。今回は、相談する際の相談のポイントについてお伝えします。


まずは、相談を受ける人はどんな人かお伝えします。 

相談を受ける人は、主に医療、福祉関係の専門家の場合が多いです。

保健師、看護師、社会福祉士などです。

この人たちには、まず「当事者の生活の変化」について具体的にお伝えするのがポイントです。
そして次に、それによって「私が困っていること」をお伝えすると良いでしょう。
理想は、5W1Hのような形にすると良いですが、そこまで細かくなると大変という方もいると思うので、下記の4点を踏まえていると良いと思います。

・いつから

・どのように

・何が

・どのくらい

 

例えば、このように伝えると、どういう状況かよくわかりやすいです。

 

3ヶ月前に転んで、外を歩くのが怖くなったと言うようになり外に買い物に行かなくなった。1ヶ月前からほとんど家の中にいるようになり、それまでしていた畑仕事などをしなくなった。そして、家事もしなくなり、夜眠れないと言い食欲も落ち、痩せてきているように見える。

最近は、私が外に出た方がいいと言っても、嫌だの一点張りで、喧嘩ばかりしていて、どうしていいか分からない。

 

このように、状況を具体的に整理して伝えるのがポイントです。

相談に行く前に、大事なことを簡単に紙に纏めておくと、大事なことを伝え忘れるということも無くなります。

次に、「私が困っていること」についてです。

これも、上記のように具体的に状況を伝えると良いでしょう。
この2週間くらい、どうすれば良いかわからなく、とても不安。夜間のトイレの介助などが始まって、私もあまり眠れていない。また、トイレだけでなく、お風呂や服の着替えも手伝うようになり、とても疲れている。何か言っても、すぐケンカになり、話にならない。家族に相談しても、年のせいだろうと言われ、どうして良いか分からず、途方に暮れている。このままだったら、仕事を続けるのが難しく、退職を考え始めるようになった。などです。

ぜひ、上記のポイントを踏まえ、相談してみてください。

<りぷらすの新サービス>

訪問健康見守りサービス〜想いの架け橋〜では、いざという時の相談や、どこに相談すれば良いのかなどの情報提供、また必要とする機関との連携などもサポートいたします。

前回の記事

<〇〇の相談は誰にする?>

関連する記事

帰省のタイミングこそ、家族の暮らしについて話し合うチャンスです!

なぜ早め早めの対処が必要?

高齢者の「自宅」で発生しやすい事故とは?~傾向と対策!!~

【認知症】 「あれっ?」…この違和感にいち早く気付きたい理由とは?

「あれっ?いつもと違ってちょっと変…」~認知症編~


一般社団法人りぷらすweb site

前回は、家族が高齢になり、また病気を機に、今まで出来ていた生活が少しづつ難しくなった際の相談の窓口は地域包括支援センターとお伝えしました。しかし、思うように相談しても進まないケースがあります。今回は、相談する際の相談のポイントについてお伝えします。


まずは、相談を受ける人はどんな人かお伝えします。 

相談を受ける人は、主に医療、福祉関係の専門家の場合が多いです。

保健師、看護師、社会福祉士などです。

この人たちには、まず「当事者の生活の変化」について具体的にお伝えするのがポイントです。
そして次に、それによって「私が困っていること」をお伝えすると良いでしょう。
理想は、5W1Hのような形にすると良いですが、そこまで細かくなると大変という方もいると思うので、下記の4点を踏まえていると良いと思います。

・いつから

・どのように

・何が

・どのくらい

 

例えば、このように伝えると、どういう状況かよくわかりやすいです。

 

3ヶ月前に転んで、外を歩くのが怖くなったと言うようになり外に買い物に行かなくなった。1ヶ月前からほとんど家の中にいるようになり、それまでしていた畑仕事などをしなくなった。そして、家事もしなくなり、夜眠れないと言い食欲も落ち、痩せてきているように見える。

最近は、私が外に出た方がいいと言っても、嫌だの一点張りで、喧嘩ばかりしていて、どうしていいか分からない。

 

このように、状況を具体的に整理して伝えるのがポイントです。

相談に行く前に、大事なことを簡単に紙に纏めておくと、大事なことを伝え忘れるということも無くなります。

次に、「私が困っていること」についてです。

これも、上記のように具体的に状況を伝えると良いでしょう。
この2週間くらい、どうすれば良いかわからなく、とても不安。夜間のトイレの介助などが始まって、私もあまり眠れていない。また、トイレだけでなく、お風呂や服の着替えも手伝うようになり、とても疲れている。何か言っても、すぐケンカになり、話にならない。家族に相談しても、年のせいだろうと言われ、どうして良いか分からず、途方に暮れている。このままだったら、仕事を続けるのが難しく、退職を考え始めるようになった。などです。

ぜひ、上記のポイントを踏まえ、相談してみてください。

<りぷらすの新サービス>

訪問健康見守りサービス〜想いの架け橋〜では、いざという時の相談や、どこに相談すれば良いのかなどの情報提供、また必要とする機関との連携などもサポートいたします。

前回の記事

<〇〇の相談は誰にする?>

関連する記事

帰省のタイミングこそ、家族の暮らしについて話し合うチャンスです!

なぜ早め早めの対処が必要?

高齢者の「自宅」で発生しやすい事故とは?~傾向と対策!!~

【認知症】 「あれっ?」…この違和感にいち早く気付きたい理由とは?

「あれっ?いつもと違ってちょっと変…」~認知症編~


一般社団法人りぷらすweb site" dc:identifier="http://rilinkpuls.gjgd.net/%E3%82%8A%E3%81%B7%E3%82%89%E3%81%99%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3/%EF%BC%9C%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AF%EF%BC%9F%EF%BC%9E" /> -->
        
一般社団法人りぷらすweb site