一生のうちにほとんどの方が「腰痛」になる可能性があります

みなさん、こんにちは。横山です。

9月27日に、建築現場で働いている皆さんに「気軽に取り組める腰痛予防」とテーマで講演を行ないました。


 講演のあいさつにもありましたが、建築現場の多くの方が腰痛で悩まされており、職業病としても腰痛を予防することが重要であると話がありました。この話の通り、東京大学の松平浩先生が調査したものによると、腰痛を一生のうちに経験する人の割合は83%でした。また、腰痛で社会活動(仕事など)を休んだことのある方が4人に1人4日以上連続して休んだ方は10人に1人であった。


 腰痛による痛みで体が上手く動かせないだけでなく、仕事に復帰できないイライラ感、体を動かすことで痛みが出てしまう不安に襲われることもあります。そのため、腰痛は体を治療するだけでなく精神的な部分にも治療を施す必要があります。特に、腰痛を経験し、不安や恐怖心によって体を動かすことが億劫になることで、痛みが出ない体の使い方や行動範囲が狭まることがあり、結果的に腰痛が起きやすい状態となる悪循環が生まれやすいです。


 今回の講演でもお伝えしましたが、悪循環を生み出さないためにできることをとして ①ストレッチやリラゼーションなど、自身で腰痛の予防を行なうこと、②もし腰痛になった場合は、腰痛が軽減できた段階で少しずつ体を無理なく動かすこと を伝えました。この2点は腰痛の予防および腰痛の再発予防に有用だと感じています。


 会場からの質問で「予防のための体操やストレッチはいつやればいいですか?」とありました。とても重要なポイントで、仕事や子育てをされている方々は特に時間がありません。この質問の回答として、「私自身も腰痛をもっており、毎日お風呂上りに10分だけ自分の体を調整する時間を意識的に作っています」と伝えさせてもらいました。つまり、その方の「生活スタイル」に合わせて少しでもよいので時間を作って体操やストレッチを行なうことが大切です。腰痛で悩まれている皆さんは多いと思いますので、日頃から自身の体の調整を行なっていくのも良いと思いますよ。


一般社団法人りぷらすweb site

おたからサポーターさん自身の健康チェック

みなさん、こんにちは。横山です。

 9月4日と5日に、石巻のおたからサポーターさんの体力測定会がありました。年に1回、自分自身の身体・精神的な健康がどうなっているか振り返る機会があります。

 体力測定の結果を1年前と比べてどうだったか、おたからサポーターを受講する前と比べてどうだったかを振り返る機会となり、サポーターさんからは「足の筋力がついてるね!!」であったり、「1年前と比べて外に出かける機会が増えたわ!」との声が上がっていました。


 自分自身の健康について振り返りながら、個別にサポーターさんから体に関する不安や悩みを相談されることがありました。今回は特に肩の痛みを訴える方が多く、話を聞いて可能な限り、自宅でもできる簡単運動を提案してみました。その場で実際にやってもらうと「少し楽になりますね!」と笑顔も少し見られていました。


 また、この日は現場研修を終えて、新しくおたからサポーターさんの仲間に入られる4名の方々の紹介もあり、より一層サポーターさんの仲が良くなるのを見ることができました!新しく仲間になるサポーターさんの言葉で、「親の介護のために、少しでも学べたらと思います」や「色んな方と一緒に活動したいです」との言葉がありました。


 自分自身の体に気をつけて生活していても、本当に健康的どうかはわからないことが多いと思います。定期的に自身の体のチェックをすることで、客観的にどうなっているかを知ることができるため、安心感を得ることができると感じました。定期的にでも自身の体の健康がどうなっているか皆さんもチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

 


一般社団法人りぷらすweb site

第3回 運営推進会議

過日、第3回運営推進会議を行いました。

参加者の皆さんからも活発なご意見をいただき、ありがとうございました。

暑くて長かった夏が落ち着き、朝晩の気温もぐっと下がってまいりました。
芋煮会にぴったりな季節が近づいてきております。
11月にりぷらす近辺を会場に「芋煮会」を予定しております。
少しずつ準備を進めていきます!


会議の内容を下記のとおり纏めました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第3回運営推進会議

<会 場> 一般社団法人 りぷらす
<日 時> 2018年7月26日 14:30~15:30
<参加者> 8名+りぷらすスタッフ5名 計13名


<まとめ>
・地区や部落に関わらず、子供、大人、高齢者、みんなで交流する機会をもち、楽しめる場があっても良いのではないか。
・近隣住民さんの巻き込み方について、区長さんも参加して意見をもらえると非常に良いのではないか。

<決定事項>
・11月2週目に芋煮会を行う予定
・会場はりぷらす近辺で行う予定

<次回の開催予定>
・2019年1月24日 もしくは1月31日を予定
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 


一般社団法人りぷらすweb site

もう一度料理したい

みなさん、こんにちは。横山です。

 デイサービスを利用して5年程になる女性の方がいます。
手足の片側に麻痺がありながらも生活をしていますが、特に手の麻痺が強く、物を持つこと、支えることが難しいです。

この利用者さんの目標は「もう一度料理をしたい!」です。


 もちろん病気を発症してからかなりの年月が経過していますし、何より手全体の感覚を失っているため、動かす時に「どのように動かしてよいかわからない」とおっしゃります。
それでも肩・肘・手を動かす練習を通して、手を持ち上げたり、両手を使ってバッグを持ち上げることができるようになりました。


 最近ではペットボトルや缶ジュースを飲む動作を実際にやってみたり、クローゼットにハンガーをかける練習をしています。
10月頃に目標でもある「料理」の練習を取り入れていこうと考えいます。


 利用者さんからは、「手が前よりも動きます!もっと動くようになりたい!」と話され、10月頃から料理に関して練習していくことを伝えると、「やりたい!」と前向きに応えてくれました。

 片側の手足が使えなくても、利用者さんは色々と工夫をして生活をしています。
また、自由な体ではないですが、衰えないように日々練習をしながら自身の体のケアを行なって
います。




一般社団法人りぷらすweb site

安定した歩きで快適に外出

みなさん、こんにちは。横山です。

デイサービスを利用してカラダが良くなった利用者さんを紹介します。
紹介する利用者さんは、手足の片側に麻痺がありながらも生活している方です。
生活に支障はありませんが、足のしびれが強く、長時間歩くと疲れるとの訴えがありました。


そこで、足のしびれを改善しつつ、足の筋力やバランスを向上させるために
タオルギャザー」という運動をやってみました。

タオルギャザーとは、「足の指でタオルを摘まむ」運動になります。
足の指の筋肉をたくさん動かすと、筋肉の働きがよくなり、バランスや足のしびれが改善することもあります。


 この運動を1ヶ月程度続けるとしびれが良くなり、「歩いていても快適だね!!」と嬉しそうです。それだけでなく、毎月行なう体力測定で歩くスピードが速くなり、片脚立ちの時間が長くなりました。
 利用者さんからは、「この病気になって2年も経つけど、しびれがよくなるなんてびっくりしました!!楽に歩けると気持ちも明るくなります!」と笑顔で話してくれました。

 あきらめずに、運動を続けることもカラダが良くなる要素の一つかもしれませんね。




一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site