もう一度料理したい

みなさん、こんにちは。横山です。

 デイサービスを利用して5年程になる女性の方がいます。
手足の片側に麻痺がありながらも生活をしていますが、特に手の麻痺が強く、物を持つこと、支えることが難しいです。

この利用者さんの目標は「もう一度料理をしたい!」です。


 もちろん病気を発症してからかなりの年月が経過していますし、何より手全体の感覚を失っているため、動かす時に「どのように動かしてよいかわからない」とおっしゃります。
それでも肩・肘・手を動かす練習を通して、手を持ち上げたり、両手を使ってバッグを持ち上げることができるようになりました。


 最近ではペットボトルや缶ジュースを飲む動作を実際にやってみたり、クローゼットにハンガーをかける練習をしています。
10月頃に目標でもある「料理」の練習を取り入れていこうと考えいます。


 利用者さんからは、「手が前よりも動きます!もっと動くようになりたい!」と話され、10月頃から料理に関して練習していくことを伝えると、「やりたい!」と前向きに応えてくれました。

 片側の手足が使えなくても、利用者さんは色々と工夫をして生活をしています。
また、自由な体ではないですが、衰えないように日々練習をしながら自身の体のケアを行なって
います。




一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site