家族だから言えない想い。第三者が伝えることで円滑な家族関係を築く


docomo東北復興・新生支援の【笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト】に、りぷらすが掲載されました!

【家族だから言えない想い。第三者が伝えることで円滑な家族関係を築く】

ということで、訪問健康見守りサービス~想いの架け橋~について取り上げていただきました。



訪問健康見守りサービス~想いの架け橋~は、石巻市内に住んでいる高齢者の自宅を専門のトレーナーが家族に代わって訪問し、介護状態への進行を予防したり、家族とのコミュニケーションを活性化させ、介護辞職を食い止め仕事と介護の両立を実現させるのが目的です。


もちろん高齢者が家族と同居していてもこのサービスは利用できます。

一緒に住んでいる家族でも、コミュニケーションをとるのが難しくなっている現代では、多くのすれ違いが生まれています。


親と子という近い関係だからこそ、お互いが素直になれなかったり妙な遠慮が出てしまったり。

そんなすれ違いを、第三者が介入することで円滑にすることができます。


もっと働きたい
今の仕事を辞めたくない
けれど介護をしなければいけない

そんな方にぜひ知ってほしいサービスです。
無料相談室も行っていますので、不安な方や気になることがある方、まずはお気軽にお問い合わせください。



仕事と介護の両立相談室
日時・2018年1月26日18:00~20:00
場所・いしのまきNPOセンター(石巻市泉町3丁目1-63)
※予約優先


日時・2018年2月10日13:00~17:00
場所・一般社団法人りぷらす(石巻市相野谷字今泉前29-3)
※予約優先

お申込み・お問い合わせ
090-2956-8957 千葉




2/24『りぷらすフォーラム2018』を開催します!

1/28【日本地域理学療法学会フォーラムに登壇します】




一般社団法人りぷらすweb site

「ありたい暮らし」をかたちにできる社会のために(いしのまきNPO日和掲載)





石巻日日新聞「いしのまきNPO日和」に、インタビューが掲載されました。

りぷらすの新事業『訪問健康見守りサービス~想いの架け橋~』について話しています。

自分の親だからこそうまく言えなかったり、逆に厳しく言ってしまったり…。

離れて暮らしていても同居していても、誰もが思い当たるところがあるのではないでしょうか。

そんな親子の間に入って、架け橋となるのがこの『訪問健康見守りサービス~想いの架け橋~』です。


その他、介護離職の防止や負担軽減など『仕事と介護の両立』についても話しています。

最近は、「育児」と「介護」のダブルケアが課題と色々なところで言われていますが、実際には子どもと両親3人のケアというトリプルケアをしながら仕事を余儀なくされている方もいらっしゃいます。

多くの方が「介護」と「生活」と「仕事」で悩んでいます。

介護の為に仕事を諦めたりすることのないように、早い段階での予防が必要になってきます。

りぷらすでは、仕事と介護の両立や、育児と介護の両立に関する無料相談会も実施しています。
詳しくはこちら

次回の相談会は1月13日13時~17時 りぷらすで行います。
悩んでいる方や不安な方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!




一般社団法人りぷらすweb site

第2回 DEATH CAFE開催決定!


10月にたくさんの方にお越しいただいたDEATH×BATH CAFEの第二弾を、12月16日(土)18:00から開催いたします。



前回に続き、場所は石巻まちの本棚さんで行います。
今回は足湯がないのでタイトルが『DEATH CAFE』に変わりました。


【死生観】という言葉を知っていますか?
死を通して生き方、生き様を決める考えのことです。

どのように生きたいか
周りとどのように過ごしていくべきなのか
自分はどうありたいのかなど・・・。

誰にでも必ず訪れる人生のゴール(死)。その時に向けて今何ができるのか、何を知っておかなければいけないのかをみんなで考えるイベントです。

あなたの人生の【エンディング】について語り合いませんか?


《DEATH×BATH CAFEのルール》
①カフェは議論や、相手や自分の話したことに判断を下したり、結論を出す場ではありません。
②カフェは身近な方を亡くした方へのカウンセリングや個別サポートの場ではありません。
③カフェで聞いたこと、話したことは他では話されないようにお願いいたします。



一般社団法人りぷらすweb site

【11/25,12/2「仕事」と「介護」の両立相談室いしのまき開催】

□ 介護が大変で、この先仕事を続けられるか不安がある方

□ 漠然とした不安があるけど、どこに相談していいのかわからない方

□ 誰にも相談できずに悩んでいる方

□ 家事・育児と介護になどで悩んでいる方

こんな方は是非ご相談ください。

介護は、制度が複雑でとてもわかりにくいです。
また、制度だけでは悩みや不安を解決することが難しい場合も少なくありません。

まずは、お気軽にご相談ください。

 


一般社団法人りぷらすweb site

□ 介護が大変で、この先仕事を続けられるか不安がある方

□ 漠然とした不安があるけど、どこに相談していいのかわからない方

□ 誰にも相談できずに悩んでいる方

□ 家事・育児と介護になどで悩んでいる方

こんな方は是非ご相談ください。

介護は、制度が複雑でとてもわかりにくいです。
また、制度だけでは悩みや不安を解決することが難しい場合も少なくありません。

まずは、お気軽にご相談ください。

 


一般社団法人りぷらすweb site" dc:identifier="http://rilinkpuls.gjgd.net/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A8%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E3%81%A8%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AE%E4%B8%A1%E7%AB%8B/%E3%80%9011-25-12-2%E3%80%8C%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%B8%A1%E7%AB%8B%E7%9B%B8%E8%AB%87%E5%AE%A4" /> -->

Death×Bath cafe 無事に開催できました!

少し前の話になりますが、2017年10月28日、石巻まちの本棚さんにて第1回DEATH×BATH CAFEを開催いたしました。



DEATH CAFEとは………死について研究していたスイスの社会学者バーナード・クレッタズが妻の死をきっかけにおよそ10年前に始めたものです。

お茶を飲んだりお菓子を食べたりといったリラックスした雰囲気の中で死について自由に語り合うDEATH CAFE。りぷらす×まちの本棚では足湯という形でリラックス空間を作りました。






核家族が多くなっている現代では、死に触れる機会の少なくなった若い世代の、死に対する恐怖や不安が大きくなっているそうです。

自分の死に対する恐怖。
身近な人の死に対する恐怖。

病気や年齢など、ある程度覚悟の出来ている死。
事故や事件、災害など予測も覚悟もできない死。


想像がつくもの、経験したことのないもの、様々な死の形がありますが、DEATH CAFEは死を知るための入り口のような場所であり、自由に話し合うことで誰にでも訪れる死のショックを和らげるものです。


DEATH×BATH CAFEのルールとして「カフェで聞いたこと、話したことは他言無用で」というのがあるので、ここで詳しく書くことはできませんが、本当に様々な思いが語られ約一時間半の第1回DEATH×BATH CAFEは幕を閉じました。

今回の参加者の方からは
「今まで話したくてもなかなか話す機会がなかったので、今回参加出来てよかった」
「もっと他の人の話を聞きたいと思った」
など、沢山の感想をいただきました。

誰にでも訪れる死について、誰もが一度は考えるけれどそれを話す機会はなかなかないものです。
DEATH×BATH CAFEでは、死という重いテーマながらも、足湯につかりながら語ることで、参加者の方々もリラックスしてお話しされていたように思います。

第2回のDEATH×BATH CAFEも計画中ですので、興味を持たれた方、次は一緒にリラックスしながら死生観について語り合ってみませんか?

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site