【講座設計と受講継続率の考え方】

住民主体の介護予防において、立ち上げ初期に成否を決める
最も大きな要因は、講座の受講継続率だと思います。

継続率を高めるには、受講者に参加してよかったと価値を提供すること。
受講してよかったな〜
楽しいという内容もあれば、

当然、あまり面白くない不都合な事実も伝える必要があります。

例えば、人口の減少や高齢化率の推移。社会保障制度の変化。
特に、今後の介護保険料の上昇や介護保険の自己負担の上昇などは、
とても自分ごととして伝わるのでとても大事だと思います。

そのためにも、アンケートはとても大事です。
それらを元に、講座の設計を修正してきました。

住民主体の講座の設計は、最初は大きく3つのポイントになると思います。

  1. 受講が継続する
  2. 受講後、活動につながる
  3. 活動が継続する


まずは、価値ある講座になるよう、一つ一つの時間を意味を持って
組み立てることが大事だと思っています。

りぷらすが行う、「住民主体の介護予防」の仕組みである
「おたからサポーター養成講座」では、3級講座、全16時間、約40くらいのポイント
があり、それぞれに意味ががあります。

それら一つ一つの価値や、流れ、1日ごとの流れなど考えて設計してきました。
現在講座を設計している方や、これから設計する方の参考になれば幸いです。

(橋本)


このように、新しい可能性にチャレンジしたい方を募集しています。

りぷらす採用ページご興味のある方は、事業の説明にも伺いますので、お気軽にご連絡ください。


一般社団法人りぷらすweb site

【「住民主体の介護予防教室」実施における、活動者(サポーター) の「居住地」と「活動者の同一性」に見る難易度の違い】

住民主体の介護予防において、「人」と「場所(居住地内・外)」の関係性で見ると
4つのパターンがあります。

  1. 同じ人が同じ場所で
  2. 同じ人が違う場所で
  3. 違う人が同じ場所で
  4. 違う人が違う場所で

これら、4つのパターンで難易度が変わってきます。



おたからサポーターの仕組みは、違う人が違う場所で体操教室を
実施できるように設計してきました。

最も大きな理由は、災害などなにより、「人」と「場所」は変化するということです。
そのため、「地域と地域を超えて人がつながり健康づくりを実現できる仕組み」
が必要とされていました。

言ってみれば、「人」と「場所」に依存しない仕組みです。

人と場所を細かく見て見ると、いくつかの要素があります。

「人」について

 ・仕事の都合

 ・家族の都合

 ・病気・怪我の都合
 ・地域の人との関係性の変化

「場所」について

 ・復旧、復興期におけるの変化(仮設住宅、復興住宅、持ち家などへの引越し)

 ・災害による変化

 

もちろん、人と場所が変わることによるメリットとデメリットも存在します。
「人」については、属人化しないということが最大のメリットです。
「場所」については、自分の居住地では体操をやりにくいという方も、地域を超えると
実施できる方がいらっしゃいます。そういう方も、貢献できるようになります。
(橋本)


このように、新しい可能性にチャレンジしたい方を募集しています。

りぷらす採用ページ
ご興味のある方は、事業の説明にも伺いますので、お気軽にご連絡ください。


関連記事
【復興住宅に入居している22人中15人が参加】

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】

【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】


一般社団法人りぷらすweb site

【復興住宅に入居している22人中15人が参加】

本日、石巻市のある復興住宅で、おたからサポーターさんによる
体操教室が行われました。

そこは、昨年の夏頃完成した復興住宅で、当然知らない人同士が入居している
場所です。

たまたま、そこに引っ越すことになった、サポーターさんが、それなら自分がここで
やりますということで、毎月コツコツ体操教室をきっかけとして、お茶っこしながら
コミュニティー作りを始めました。

30代後半の男性の方です。

そして、先ほど
「今日は、15人の方が参加しました」
「ここには、22人住んでいます」
「来年度も継続的に行っていくことが決まりました」
と連絡がありました。



この仕組みの立ち上げを想像していたことが、着々と実現してきています。
自分のために自分の地域を作る。
「住民主体の介護予防」、「住民主体の多世代交流」、「住民主体の健康づくりが」、
地域に根を張り少しずつ広がっています。

とても嬉しい電話でした。
(橋本)

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】


【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】


【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】


おたからのわ”結”の運営会議


ボランティア団体:おたからのわ『結』始動!!


【第3回】おたからサポーター養成講座修了しました!


【「民間組織」が「行政」と「協働」する際に考えるべきポイント】
 

活動1年半時点での活動報告


一般社団法人りぷらすweb site

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

りぷらすでは、住民主体の介護予防の実践を

2014年9月〜2018年2月まで、約3年半実践してきました。

現在は、年間1500名ほどが参加する体操教室を、講座を終了した
完全に住民さんが主体となって行なっています。



また、講座終了した方の81.8%が体操の活動者となっています。



ここまで、大きなポイントとして、4つの壁がありました。
今回は、それらをどうやって乗り越えてきたのかについて、まとめてまいります。

  1. 講座を始めても参加者が集まらない+参加しても活動につながらない
  2. 体操教室を主体的に実施するのが難しい
  3. リーダーさんの意向が変化してきた
  4. 活動場所が増えて調整が難しくなった

1.講座を始めても参加者が集まらない+参加しても活動につながらない 

 市の助成金を活動して、活動の認知度と信頼度を高める。 
 回覧板で、対象エリアに全戸配布する。 
 講座の研修内容を改善する。
 これら、3つの対策で、参加者増加、活動者が増加しました。

2.体操教室を住民さんが主体的に実施するのが難しい

 定期的に話し合いを密に実施。
 活動の中心メンバーさんがリーダーとなる。
 その結果、サポーターさんの自主組織である、おたからのわ『結』が立ち上がりました。
 信頼関係が大事でした。 
 まさに、プロセスの共有です。

3.リーダーさんの意向が変化してきた

 リーダーさんが交代して、新しいリーダーさんが生まれました。
 時間が経てば、当然起こること。
 次を担うリーダーさんがいなければ、もしかしたら縮小していたかもしれません。

4.活動場所が増えて調整が難しくなった

 副リーダーさんが誕生しました。
 その結果、活動者が増え、活動場所が増えていきました。
 活動が増えてくると、地域間の量やリーダーさんの負担にバラツキが出ます。
 うまく分担できる仲間がいることが重要でした。


大きく分けると二つで、活動を立ち上げるフェーズと、広げるフェーズ。
このポイントは、大きな分岐点になると思います。

実際に立ち上げて悩んでいる方や、これから立ち上げようと思っているが
悩んでいる方は、ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。


下記の機会では、それを詳しくディスカッションいたします。
実際に、サポーターのリーダーの方や、弊社でコーディネートに
当たっていたスタッフも参加するので、生の声を聞くことができます。

【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】

また、4月〜6月頃に実際の「住民主体の介護予防の立ち上げ講座」を
行う予定です。
すでに、参加希望する方は、優先させて頂きますので、お早めにご連絡ください。
詳細決まりましたら、報告致します。

また、2/24以降で、すでに「住民主体の介護予防」
の立ち上げのご相談が多い場合には、そちらを優先し
「住民主体の介護予防の立ち上げ講座」を実施しないかもしれません。

何れにしても、お早めにご相談頂ければ幸いです。


(橋本)

関連記事はこちら

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】

【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】

【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】

おたからのわ”結”の運営会議

ボランティア団体:おたからのわ『結』始動!!

【第3回】おたからサポーター養成講座修了しました!

【「民間組織」が「行政」と「協働」する際に考えるべきポイント】 
活動1年半時点での活動報告


一般社団法人りぷらすweb site

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】

全国、様々なところでお話しさせて頂く中で、
どうやったら自分たちも住民主体の介護予防の取り組みを始められますか?
という質問を多く頂きます。

行政主導の取り組みでは
・茨城県のシルバーリハビリ体操、
・高知市のイキイキ100歳体操など
の2つが有名で

全国の様々な地域に導入されてきています。

その一方で、ご質問をいただくような、民間の組織やNPOなども、
自分たちで住民主体の介護予防の仕組みを
作ろうとしていますが、上手くいっている事例な話を聞いたことがありません。

今回は、それらが失敗するポイントとその対策について、まとめました。

失敗する理由

1)講座後の出口戦略がない、または専門家主体となっている

2)モデルケースをそのまま行う

3)専門家だけで行う

4)楽しくより、正しくを求める

これらを踏まえてポイントは

1)入り口から出口まで一連のプロセスを設計する

講座をするのは、実は簡単です。

いろんなところで、専門家が住民さんに講座をしているのをご覧になるでしょう。

健康講座、認知症予防講座。

難しいのは、講座の後、いかに「活動をしたくなる」設計になっているのか。

今までの、介護予防は、専門家が一方向的に住民さんに伝えるという仕組みでした。
それは、専門家主体です。
その先の行動変容が起こる仕組みを考えることが大事です。

そして、現場がない状態で、住民主体の活動をつなげても難しいと思っています。

少なくとも、活動を立ち上げる組織で数カ所のある程度信頼関係のある

現場(地域コミュニティー)があることが望ましいでしょう。

僕たちは、そこから進めていきました。

2)モデルケースから、アレンジする

モデルケースと、自分たちの組織や地域の違いを検討し、導入することが大事です。

それらの違いがあってもうまくいくのか、それともアレンジした方が良いのか。

例えば、ざっと思いつくだけでも「実施主体」、「資金」、「認知度」、

「信頼度」、「地域特性」、「関係機関との連携」など様々です。

上記を踏まえ最も大事なのが、「時間」です。

活動に際して、どのくらいの時間をかけて進めていくのか。

その時間によって、すべての設計が変わってきます。

僕たちは、0.5日/日×2日/週×2人で始めていきました。

3)住民さんと考える(理解のある関係機関があれば一緒に)

この講座の最大の受益者は、住民さんであり地域に住む人々です。

それなのに、いわゆる専門家だけで考えることがありませんか?

大事なのは、プロセス。

そして、この活動や、住民さんの生活にどのような良い影響が出ることを目指しているのか。

また、将来的にどんな地域を一緒に目指しているのか。

そんなことは、言葉にしないと伝わらないし、誤解を生みやすいので、共有することが大事。

そして、ビジョンの共有やブラッシュアップも重要です。

始めたら、どんどん改善することが出てきます。

変化を恐れず、どんどん一緒に考えながら、プロジェクトを進めていきましょう。

僕たちは、月に1回~2回一緒に考えながら、プロジェクトを進めています。

4)楽しくないと始まらない、続かない、まずは楽しく

専門家であるがゆえに、この落とし穴にはまりやすいと思っています。

・正しい → つまらない → 続かない → やってもやっても継続しない

・楽しい → 継続する → 少しづつ正確になる → 効果出てくる 

こんな好循環を目指すには、まず「楽しさ」が大事。

楽しくないと続かない。

講座は、「笑い」が大事です。

とはいえ、このような活動が必要となっている背景もお伝えする必要があります。

それは、固くどちらかというと、聞きたくない内容です。

なので、講座のどのタイミングで、「どんな内容」を入れるか。

毎回話し合い、細かく何十回も改善して今のスタイルになりました。


民間の組織で立ち上げるのであれば、おそらく私たちの取り組みは参考になると思います。

その理由は下記の通りです。

1)住民の認知度、信頼度0:地縁があるスタッフは0、すべて移住者で実施

2)資金最低限;10名のデイサービスをやりながら実施

もっと詳しく知りたい方は、

2/24『りぷらすフォーラム2018』を開催します!

にご参加ください。
実際に講座で使っているテキストの一部も配布する予定です。

(橋本)

関連記事はこちら

【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】

【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】

おたからのわ”結”の運営会議

ボランティア団体:おたからのわ『結』始動!!

【第3回】おたからサポーター養成講座修了しました!

【「民間組織」が「行政」と「協働」する際に考えるべきポイント】


一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site