【おたからのわ『結』の総会に参加してきました。】

4/19日は、おたからサポーターのボランティア団体、おたからのわ『結』の
総会でした。
24名の方が参加されており、今年度のリーダは10名ということです。

当日は、この1年間の活動報告や予算報告、そしてこれからの1年間の
活動計画、予算計画など話し合っていました。



また、これからポロシャツを作るようで、何色が良いか投票していました。



終始和やかに楽しく、これが続く秘訣かな〜と思いながら僕は、参加していました。

始めた当初の2014年9月に、まさかこんな日が来るとは想像ができなかったです。
活動の方法は作れるものの、実際に地域での認知度が0の状態で始めたので、
まずは知ってもらうのが大変でした。

なので、すでに地域の住民さんに知ってもらっている団体が行うのは、
そこまでハードルが高くないと思います。
活動の方法は、これからどんどん公開して行くので、それを参考にしてください。

そして、さらに実践して見たいという方は、こちらを参考にしてください。

【おたからサポーター養成講座視察プログラム】

(橋本)


一般社団法人りぷらすweb site

【おたからサポーター養成講座視察プログラム】

2018年2月24日、石巻市で、りぷらす主催の『りぷらすフォーラム2018』を開催し、法人の事業報告と『地域の未来の創り方』と題して、吉澤さんによる丸森町筆甫地区の住民自治の地域づくりの事例と、おたからサポーター養成講座の3年間の事例発表を行いました。
宮城県内だけでなく、関東や東北の他県からも参加された方もおり、16名に参加いただき活発な意見交換を行いました。参加者の方の意見から住民主体の活動を継続させることへの関心の高さを感じました。

また、合わせて住民ボランティア団体「おたからのわ『結』」のリーダーの方々がどうして活動を続けるのか話していただいた際には、専門職である我々が気づかされ、感動させられる場面もあり、とても印象に残る時間になりました。
【りぷらすフォーラム2018 第2部:地域の未来の創り方】より
動画はこちら
※動画の26:00あたりから、おたからのわ『結』会長の岸浪さん、副会長の土井さん、桃生エリアリーダーの大森さんの想いを聞くことができます。
この講座では、2014年9月から開始し、2018年3月末までに119名の住民が講座を受講、92名の方がサポーターとなりました。
最初の第1期・第2期の講座では、サポーター認定後のボランティア活動への参加率は26.3%だったのに対し、直近の第10期・第11期の講座では81.8%まで向上し、

サポーターによる体操教室の自主運営率も2014.10~2015.9が8.6%だったのに対し、直近の2018.1~2018.3では95.7%まで向上しました。
これらの変化を生むために行っている、「講座における意識付け」や「その後の活動参加に繋げるノウハウ」は、自ら地域での健康づくりや介護予防を実践し、活動を拡げていく住民を育てていく、重要なコンテンツだと感じています。
そして、実際におたからサポーターを育成しているところを見たいという声も頂いておりますので、講座を受講したごく普通の地域住民が、自ら地域を支える活動者になっていく養成講座とそれを継続させるためのノウハウを直接お伝えする、下記のプログラムを作りました。
もし、関心のある方は、申し込み下さい。
講座で使用している資料等も公開いたします。

【おたからサポーター養成講座視察】
・日程
 
 
5月24日(木)10:00~17:00 ※講座初日の意識付け
6月4日(月)10:00~17:00 ※講座最終日の活動への移行
 
・料金:5000円
・人数:各回最大3名(1法人2名まで)
・対象:地域包括ケアや地域づくりの実践者
    ※コンサルや、フリーランスの方は対象外です。
・申込先:ri.link.plus*gmail.com(*を@に変えてください)
 下記内容を記載の上、お申し込みください。
 件名は、<おたからサポーター視察プログラムの応募>でお願いします。

    希望日
 名前
 所属法人または団体名
 申込者職名
 参加動機
 現在の活動
 課題や解決したいこと、その他
【申込者連絡先】
 TEL:
 Mail:
住所:

担当:落合
(落合)
【関連記事】

一般社団法人りぷらすweb site

【講座設計と受講継続率の考え方】

住民主体の介護予防において、立ち上げ初期に成否を決める
最も大きな要因は、講座の受講継続率だと思います。

継続率を高めるには、受講者に参加してよかったと価値を提供すること。
受講してよかったな〜
楽しいという内容もあれば、

当然、あまり面白くない不都合な事実も伝える必要があります。

例えば、人口の減少や高齢化率の推移。社会保障制度の変化。
特に、今後の介護保険料の上昇や介護保険の自己負担の上昇などは、
とても自分ごととして伝わるのでとても大事だと思います。

そのためにも、アンケートはとても大事です。
それらを元に、講座の設計を修正してきました。

住民主体の講座の設計は、最初は大きく3つのポイントになると思います。

  1. 受講が継続する
  2. 受講後、活動につながる
  3. 活動が継続する


まずは、価値ある講座になるよう、一つ一つの時間を意味を持って
組み立てることが大事だと思っています。

りぷらすが行う、「住民主体の介護予防」の仕組みである
「おたからサポーター養成講座」では、3級講座、全16時間、約40くらいのポイント
があり、それぞれに意味ががあります。

それら一つ一つの価値や、流れ、1日ごとの流れなど考えて設計してきました。
現在講座を設計している方や、これから設計する方の参考になれば幸いです。

(橋本)


このように、新しい可能性にチャレンジしたい方を募集しています。

りぷらす採用ページご興味のある方は、事業の説明にも伺いますので、お気軽にご連絡ください。


一般社団法人りぷらすweb site

【「住民主体の介護予防教室」実施における、活動者(サポーター) の「居住地」と「活動者の同一性」に見る難易度の違い】

住民主体の介護予防において、「人」と「場所(居住地内・外)」の関係性で見ると
4つのパターンがあります。

  1. 同じ人が同じ場所で
  2. 同じ人が違う場所で
  3. 違う人が同じ場所で
  4. 違う人が違う場所で

これら、4つのパターンで難易度が変わってきます。



おたからサポーターの仕組みは、違う人が違う場所で体操教室を
実施できるように設計してきました。

最も大きな理由は、災害などなにより、「人」と「場所」は変化するということです。
そのため、「地域と地域を超えて人がつながり健康づくりを実現できる仕組み」
が必要とされていました。

言ってみれば、「人」と「場所」に依存しない仕組みです。

人と場所を細かく見て見ると、いくつかの要素があります。

「人」について

 ・仕事の都合

 ・家族の都合

 ・病気・怪我の都合
 ・地域の人との関係性の変化

「場所」について

 ・復旧、復興期におけるの変化(仮設住宅、復興住宅、持ち家などへの引越し)

 ・災害による変化

 

もちろん、人と場所が変わることによるメリットとデメリットも存在します。
「人」については、属人化しないということが最大のメリットです。
「場所」については、自分の居住地では体操をやりにくいという方も、地域を超えると
実施できる方がいらっしゃいます。そういう方も、貢献できるようになります。
(橋本)


このように、新しい可能性にチャレンジしたい方を募集しています。

りぷらす採用ページ
ご興味のある方は、事業の説明にも伺いますので、お気軽にご連絡ください。


関連記事
【復興住宅に入居している22人中15人が参加】

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】

【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】


一般社団法人りぷらすweb site

【復興住宅に入居している22人中15人が参加】

本日、石巻市のある復興住宅で、おたからサポーターさんによる
体操教室が行われました。

そこは、昨年の夏頃完成した復興住宅で、当然知らない人同士が入居している
場所です。

たまたま、そこに引っ越すことになった、サポーターさんが、それなら自分がここで
やりますということで、毎月コツコツ体操教室をきっかけとして、お茶っこしながら
コミュニティー作りを始めました。

30代後半の男性の方です。

そして、先ほど
「今日は、15人の方が参加しました」
「ここには、22人住んでいます」
「来年度も継続的に行っていくことが決まりました」
と連絡がありました。



この仕組みの立ち上げを想像していたことが、着々と実現してきています。
自分のために自分の地域を作る。
「住民主体の介護予防」、「住民主体の多世代交流」、「住民主体の健康づくりが」、
地域に根を張り少しずつ広がっています。

とても嬉しい電話でした。
(橋本)

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】


【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】


【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】


おたからのわ”結”の運営会議


ボランティア団体:おたからのわ『結』始動!!


【第3回】おたからサポーター養成講座修了しました!


【「民間組織」が「行政」と「協働」する際に考えるべきポイント】
 

活動1年半時点での活動報告


一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site