【復興住宅に入居している22人中15人が参加】

本日、石巻市のある復興住宅で、おたからサポーターさんによる
体操教室が行われました。

そこは、昨年の夏頃完成した復興住宅で、当然知らない人同士が入居している
場所です。

たまたま、そこに引っ越すことになった、サポーターさんが、それなら自分がここで
やりますということで、毎月コツコツ体操教室をきっかけとして、お茶っこしながら
コミュニティー作りを始めました。

30代後半の男性の方です。

そして、先ほど
「今日は、15人の方が参加しました」
「ここには、22人住んでいます」
「来年度も継続的に行っていくことが決まりました」
と連絡がありました。



この仕組みの立ち上げを想像していたことが、着々と実現してきています。
自分のために自分の地域を作る。
「住民主体の介護予防」、「住民主体の多世代交流」、「住民主体の健康づくりが」、
地域に根を張り少しずつ広がっています。

とても嬉しい電話でした。
(橋本)

【「住民主体の介護予防」立ち上げ後の「4つの壁」】

【「住民主体の介護予防の仕組み」が「失敗する理由」と「対策」】


【2/17まで延長:りぷらすフォーラム2018】


【石巻初のおたからシステムが丸森町へ】


おたからのわ”結”の運営会議


ボランティア団体:おたからのわ『結』始動!!


【第3回】おたからサポーター養成講座修了しました!


【「民間組織」が「行政」と「協働」する際に考えるべきポイント】
 

活動1年半時点での活動報告


一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site