りぷらす社内学習:自分ごととして考える機会

 

8/15は、りぷらすの社内学習の日でした。
学校や、研修などで、よく言うのが、「相手の立場になって」という言葉。
ですが、当事者ではない以上、相手の立場になるのは難しく、とはいえ少しでも体験できるような機会が必要ではないかと思います。

昨日は、そのような機会でした。
落合、近藤の企画です。

参加者は、看護師、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士、初任者研修修了者、社会福祉主事など、多様なメンバー。
地元の方3名、移住者4名。石巻、登米それぞれのスタッフが集いました。
多様な経験や資格から、親の介護について、今からできることは?というような
テーマで考えました。

かなり真剣に悩み、具体的なアウトプットを出すことができました〜。
立場によって、答えは様々で、各々の専門性や経験によって、違います。

「いやいや、これって自分の勝手な思い込みじゃないか?」
「家族を変えることなんてできないから、一緒にできることを考えるようになった」
など。

もっと、日常的にこういう場が必要だな〜と思います。


終わった後は、お好み焼き会。
みんなそれぞれのお好み焼きで、個性が出ててました。

次回は、半年後の予定です。

りぷらすでは、一緒に活動する仲間を募集しています。
常勤、非常勤それぞれ複数名募集しております。
まずは、お気軽に体験にでも来て、どんな雰囲気か感じてから、考えていただければいいと思います。

メール:ri.link.plus*gmail.com
担当:橋本

*を@に変えてご連絡ください。

 




一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site