【よくなる介護の実践に向けて】

6/29三重県伊勢市社会福祉協議会主催の勉強会にて、
「やりたい」を「できる」にかえるデイサービス〜本人が望む「卒業」を目指して
というタイトルにてお話しさせて頂きました。



当日は、60名くらいの介護事業の担い手の方が参加されていました。
当日の構成は、
  1. 東日本大震災と石巻市
  2. 卒業の実際
  3. 卒業に向けた考え方
  4. 卒業の壁
という内容です。

特に重要なのが、3と4です。
それぞれ、このような内容をお話ししました。

3は、よくなる介護の考え方をベースに


4は、卒業の3つの壁とその後の受け皿について


なぜか、最近は社協さんからのご依頼が増えて来ました。
現場の皆さん、より良い暮らしに貢献して行きましょう。


要介護者が良くなることや、介護保険を使わなくても再び生活できるようになるのが、特別な事ではなく、目指す選択肢の1つとして当たり前になる社会になって欲しいです。
決して、りぷらすの取り組みは特別なものではなく、
当たり前の思考錯誤しながらしているだけだと思っています。
りぷらすは、さらに当たり前のレベルを、少しずつ、確実に高めて行きます。
(橋本)

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site