運動の継続と生活の変化

りぷらすに通っておられるAさん。
もともとあった両膝の痛みが強くなり、1ヵ月の休みを経て8月末に来所されました。 車椅子で来所し、椅子に移る動作も顔をしかめておられたAさん。痛みや体調を確認しながら、運動を再開しました。

 9月中旬、二本杖でゆっくり歩けるようになり、立ち上がりも少し楽になられたようでした。この頃、車椅子を使用せず、車への移乗ができるようになっていました。  10月中旬には、自宅でレンタルしていたスロープも返却しました。 周りの方から「歩くのが早くなったね」と言われ、嬉しそうに笑うAさん。 「お風呂にもゆっくりつかって、気持ち良かった」とも話してくださいました。



 現在は、自宅での自主練習を行いながら、りぷらすに通っておられます。  継続して運動を続けることで、その方の今までの生活を維持したり、改善していくことができるのだと実感しました。 (介護福祉士 畑山)

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site