大切な親の介護について一緒に考えましょう!

日本人の約7割以上が70代で病気を発症しているのをご存知ですか?
これを別の視点から考えてみますと、その「子供」が40歳〜50歳になると、親の介護をする可能性が高まると言い換えることができます。40歳〜50歳といえば、まだまだ働き世代。子供がいれば、親の介護と子育てとの両立に翻弄される…日々の暮らしが一変する可能性も高まります。

まさか自分の親が病に倒れるだなんて。
言葉にはしなくても、無意識のうちにそう思っている人も決して少なくないでしょう。
しかしながら、誰もが、親を介護するために離職せざる得ない状況に直面する可能性があるのです。また、親の介護と子育ての両立を強いられる「ダブルケア」に伴う不安・負担も深刻な社会問題として関心が寄せられています。



☆Event Information☆
あなたが介護で困らないための介護(離職)予防座談会を開催します!

私達りぷらすでは、30~50代の世代で介護に問題意識のある人を対象に「仕事と介護の両立」のポイントを医療と介護の専門家がわかりやすくお伝えするセミナーまたは座談会、相談会等を企画しています。

親の介護には、体力面、精神面、そして金銭面で大きな負担が生じます。
大切な親だからこそ、その場しのぎにしたくない。出来る限り、親の希望を可能な限り叶えてあげたい…そう思っていても、遠く離れて暮らしていたり、仕事が忙しかったり、経済状況が厳しかったりすると、なかなか思う様にいかず、「罪悪感」を抱えてしまう人も少なくありません。

親と自分たちが本当に納得できる「選択」をするために まずは、親を介護することについて「知ること」が重要です。 ・・・こちらのブログでも、皆さまに役立つ最新情報や介護に関する知識を引き続き発信していきたいと思います!

仕事と介護の両立支援事業
看護師・千葉久美

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site