介護負担感と親子コミュニケーション

例えば子が、自分の親を家庭(親の自宅など)で介護することになった場合。
「親子の関係性(コミュニケーションの状態)」が、介護負担感に大いに影響することをご存知でしょうか。※介護負担感:「介護者」が日頃親の介護を通じて感じる精神的なストレスや無力感など。
介護負担感に影響を与える要因については、これまでにもたくさんの調査・研究が行われており、様々な要因があることがわかっています。その中でも、いつでも言いたいことを言い合える間柄か、「ありがとう・ごめんなさいね」「大丈夫?」といった言葉が自然と言い合える関係性か。テーブルを囲み、食事やお茶を楽しめる関係性か・・・などなど。もちろんケースバイケースですが、親子の関係性そのものが、介護者の精神的な負担を軽減させるために重要視されているのです。

親の介護に向けた備えといえば、会社の介護休暇制度について理解しておく、情報を集めておく、親の健康状態に注意する、兄弟間で連絡を取り合うなどといったことがよく知られていますが、定期的に電話をしてちょっとした雑談をして心を通わせておくだけでも、その積み重ねが将来プラスとなってかえってくる可能性が高いと考えられます。

さて。
5月第2週の日曜日、今年は5月14日が「母の日」です。
お母様と離れて暮らしていてなかなか顔を出す暇がない…
一緒に暮らしていても、すれ違いばかり…

そんな方こそ。
「母の日」に「ありがとう」の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?


日本では、母の日といえば赤いカーネーションを贈るのが定番となっていますが、元々は、20世紀初頭のアメリカ・ウェストバージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が、亡き母を追悼する会を開催し、その時に母が好きだった「白いカーネーション」を贈ったのが起源の一つと言われています。この女性の母の名前は、アン・ジャービス。アンは、アメリカの南北戦争で怪我を負った兵士のケアに従事していました。また、アンは、彼らの衛生状態を改善すべく「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を立ち上げ、敵兵のケアも献身的に行っていたとのこと。…白いカーネーションの花言葉は「私の愛情は生きている」や「尊敬」。カーネーションの準備は間に合わない!というかたでも、そんな気持ちを込めて、お母様との時間を過ごしてみてください。


(作業療法士・中山奈保子)

一般社団法人りぷらすweb site

より良い未来のために「エンディングノート」を書いてみませんか?

皆さんは「エンディングノート」をご存知ですか?
エンディングというと、ふだんあまり用いたくない「忌み言葉」のようにイメージされる方も少なくないかもしれませんが、2011年に公開された映画「エンディングノート」で話題となって以降、どちらかといえばポジティブな意味で活用されるようになっています。



***エンディングノートとは、
「もしも」の時に備えた遺書…家族への覚書のようなもの***

まだまだ若くて健康!!働き盛り!!の世代がエンディングノートを書くのは時期尚早?と思われてしまうかもしれませんね。ところが、実際にエンディングノートの一部を見てみ見ますと、「終わり」を考えるというよりは、「未来を思い描く」ためのツールであることがよくわかります(例えば、こちらのサイトが参考になります)。

早速、弊社代表の橋本もチャレンジした模様^^
36才で始めて、「エンディングノート」を書いてみた。

全て記載しようとなると、ちょっと大変そう。
ですが、本屋さんで目次を眺めてみるだけでも良いと思います。
自分が生きていく上で欠かせないモノ、ヒト、ココロに、ふと、気付くはずです。


(作業療法士 中山奈保子)

一般社団法人りぷらすweb site

MEDプレゼン@仙台に登壇します!!



「いのちの現場から社会を良くしよう」
MEDプレゼン2017@仙台

MEDプレゼンは、地域で活躍する医療人が「その志と思いをプレゼンテーションというスタイルに凝縮し、ダイレクトに聴衆に送り届けるイベント」です。今月仙台で開催されるMEDプレゼン2017@仙台に、当法人代表理事の橋本が登壇いたします!!

【事前参加登録はこちらのページから】

テーマ:「進め」
◆開催日時:2017年5月28日(日) 
10:00〜11:30:プレセッション
13:00~17:00:メインセッション
※受付12:00~

◆会場:宮城野区文化センター シアターホール(パトナシアター)
仙台市宮城野区五輪2丁目12-70 TEL 022-257-1213 【事前参加登録はこちらのページから】


この機会をぜひお見逃しなく!!


一般社団法人りぷらすweb site

リハビリを「受ける側」から「伝える側」へ

昨年6月にスタジオぷらす登米を卒業された方のご自宅へ訪問してきました。
(卒業時の様子やはこちらをご覧ください! )

訪問すると、奥さんから卒業後の様子についてお話を聞くことが出来ました。 卒業後は、自分が住んでいる地域でのお茶会にて当事業所で行っていた棒体操を他の人に教えてながら運動をしているとのこと。リハビリも介護保険サービスも気が付くと「やってあげる」「やってもらいたい」というする側・受ける側という関係になりがちだと思います。ただそれではリハビリも介護保険サービスも提供出来なくなった場合に対象者の方が急に困る事が多々あります。そのためスタジオぷらす登米では利用者さんにできるだけ自分の身体は自分で良くする意識を持ってもらうとためと卒業後にサービスを提供しなくても困らないように自主トレーニングを提案しています。今回の卒業者さんについては私たちの想像をさらに超えて健康をつたえる側に回ったことはとても嬉しく思いました。

スタジオぷらす登米
管理者・小田智樹


一般社団法人りぷらすweb site

10人目!!「卒業者=夢実現」

「今年の4月を目標に卒業出来たら…」
今回の卒業者Kさんは、利用開始前からデイサービスの「卒業」を目標に掲げていました。


【Kさん、宣言通り3月末に目標を達成しました!!】


Kさんは、農作業や町内のボランティアへの参加、お孫さんの学校への送迎、さらには趣味で卓球教室に通うなどとても行動的な方だったそうです。ところが、右膝関節の人口関節置換術を受けた後の回復が悪く、関節の痛みが強くなり足腰の筋力が低下。徐々に外へ出る機会を失っていました。

利用開始後、Kさんは、デイサービスの卒業を目指し「まずは農作業と卓球をまた出来るようになりたい」と。スタジオぷらすでは、痛みの軽減や筋力強化、関節が固くならないような運動を中心に行いました。また自主トレーニングを提案しご自宅でも運動を行ってもらいました。

その結果、3月の上旬ごろにはご本人からお孫さんと一緒に卓球が出来るようになった!!との報告をうけました。そこでご本人に再度卒業について意向をケアマネさんも含めて確認した後に晴れて卒業となりました。卒業後の予定としては卓球教室への参加と、住んでる地域に貢献したいとのことでボランティアにまた参加するとのことです。

スタジオぷらす登米
管理者・小田智樹


一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site