愛犬との死別により役割を失った女性の変化を通じて

担当している追波川河川仮設団地でのリハビリ支援事業での運動が終了しました。

今後は当法人の落合を中心に、おたがいカラダ作りサポーターに参加されている地域住民さんが、この取組みを引き継いでいきます。







◆今回はリハビリ支援事業を通して特に心に残った女性を紹介したいと思います。

毎回運動に参加されている82歳の女性にはある「日課」がありました。それは飼っていた犬と仮設内を散歩することでした。毎日欠かさず犬を連れて散歩していたことから、いつからかお巡りさんからも仮設団地内のパトロールを依頼される程になり、その女性にとって大切な「役割」となっていきいました。



しかし、飼っていた犬が亡くなってから外出機会が減り、今まで少し痛む程度だった膝がさらに痛むようになりました。その結果、犬の散歩と仮設団地内をパトロールするという役割を失うことになってしまいました。





私が女性にお会いした時の身体機能は、下肢の筋力:MMT2(徒手筋力テスト)ズボンの裾を手でつまんで何とか足を持ち上げるほど筋力は低下していました。立ち上がりや歩行により膝関節列隙に痛みが生じて顔が曇るほどでした。





そのため、その方に2つの自主トレーニングを週3回してもらうように提案しました。一つは椅子に座った状態での膝関節伸展を10秒×左右5回ずつ(等尺性収縮)を午前午後で2回、もう一つは床で膝関節の下にクッションを入れて等尺性収縮を行うクワドセッティングを上記と同じ回数を提案しました。





その後、2か月振りに女性とお会いした際、「最近、まわりの人から歩く姿勢が良くなったわねって褒められるのよ」と教えてくださいました。実際に歩く姿をみても以前よりも歩幅は広くなり顔の曇りもみられませんでした。本人からは立ち座りや歩行でも痛みはなく、最近は近所を杖なしで歩けるようになったとの事でした。





自分が何か特別な事をして得られた結果ではありません。なぜならリハビリ支援は月に1回しかありません。正直その1回で問題を解決するのは難しいと思います。だからこそ、難しいリハビリの知識や技術ではなく、簡単な運動内容を1個でも覚えて家で自主トレーニングが出来るようになればと毎回心がけてやってきました。それが今回は上手くかみ合わさって良い結果に繋がったのではないかと感じました。



◆大切な役割を失うことにより自らの身体まで失いかけていた女性が、懸命な自主トレーニングにより自信を回復させ、皆にその成果を認められるほど元気に回復されました。再び犬を連れて近所をパトロールする日も訪れるかもしれませんし、専門職の関わりがなくとも地域の皆さんに支えられながら、新たな日課や役割を自らの意思で手に入れているかもしませんね。



(理学療法士・小田智樹)

一般社団法人りぷらすweb site

【リターンの紹介1】 三輪田窯×りぷらす

今回は、チャレンジスターでのリターンについてご報告させて頂きます。
※リターンとは…チャレンジスターを通して支援頂いた方への御礼です。

チャレンジスター(クラウドファンディング)とは?





なぜパン?なぜ陶器?なぜ魚?と疑問の声を頂いております。
その答えは、石巻、三陸の魅力を全国の人に知って欲しいからです!!

「三輪田窯」について紹介させて頂きます。
三輪田窯は、りぷらすと同じ地区である河北にある窯です。 独特の青みがとても美しく、様々な所で展示されています。通常インターネットでの販売はは実施しておりません



今回、ぜひ河北の銘品を知ってもらいたいと想い、三ノ輪田窯さんに交渉し、特別に「りぷらす×三ノ輪田窯」 のコラボレーションが実現し、リターン品として提供頂けることになりました。個人でも、ご家族さまでもご使用頂けます。 ぜひ、こちらご覧頂きリターンの品としてご検討頂ければ嬉しいです。

次回は、三陸の雄である「フィッシャーマンジャパン」さんとのリターンについて、ご紹介させて頂きます。

▶︎クラウドファンディングに挑戦しています。

➡残り27日となりました。 昨日、地域交流スペースの名前と運営の仕組みを地域の皆さんと一緒に考えました。実際に今月18日に、この場所の活用の交流機会を行います。そして、来月から本格的に運用していきます。この場が、多世代交流の拠点となります。ぜひ、ご支援お願い致します。


▶︎りぷらすでは只今スタッフ(1名)を募集しております。地域づくりに関心のある医療福祉職の方がおりましたら、是非一度見学にお越し下さい。まずは、こちらをご覧頂ければ嬉しいです。➡http://rilink.is-mine.net/kyuujinn.html



一般社団法人りぷらすweb site

学生さんから嬉しいお便りが届きました。

2013年の夏にりぷらすへ1週間ボランティアに来てくれた、学生さんから嬉しいお便りが届きました。


『一昨年,りぷらすでのある方の変化に驚きと感銘を受け,地域リハビリテーションに興味がわきました。名前を覚えていないのですが、スタジオぷらすを利用するまでは寝たきりに近い状態で、通所するようになってから活動範囲が広がっていきました。そして,近所の方とお茶っこの会に参加されたいという目標ができた方を鮮明に覚えています。理学療法士がすべて自立支援を助けるのではなく、地域での役割や目標をもっていけるよう助けていくことで、社会参加に繋がるというところに非常にやりがいを感じました。理学療法がすべてではないということを実感し,また動作をみれる理学療法士であるからこそ出来ることもあるのだと感じました。今後,理学療法士としてどのような地域や方法で働きたいかまだ明確ではありませんが,このことをお伝えしたくメールさせていただきました』



りぷらすでは、春休みや夏休みも含め、いつでもボランティアの受け入れをしております。 これまで医療、福祉系の多くの方が、半日〜1週間程度その方のご都合に合わせて、ボランティアに赴いております。 興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。 ぜひ、一緒に健康的な地域づくりをしていきましょう。


▶︎クラウドファンディングに挑戦しています。 ➡➡http://www.challengestar.jp/project/s/project_id/26 http://urx.nu/hYZS

▶︎りぷらすでは只今スタッフ(1名)を募集しております。地域づくりに関心のある医療福祉職の方がおりましたら、是非一度見学にお越し下さい。まずは、こちらをご覧頂ければ嬉しいです。➡http://rilink.is-mine.net/kyuujinn.html 


(作業療法士・小山和良)

一般社団法人りぷらすweb site

スタジオぷらす登米の目指す姿

一般社団法人りぷらすの小田智樹です。今回は新しい活動の場「スタジオぷらす登米の目指す姿」について書きたいと思います。

多くの方のご支援やご指導の下、3月2日に無事に「スタジオぷらす登米」をオープンすることが出来ました。本当にありがとうございました。
私事ですが、東京から石巻に移住してまだ1年経たない中、多くの経験や人との出会い等とても貴重な体験をさせて頂いています。そして、ついにはこのような未熟な自分が石巻の隣にある登米市で「スタジオぷらす登米」の管理者となりました。

「スタジオぷらす登米」の目指す姿があります。それは「地域全体を支える土台になる」というものです。私はいま、その姿を心に強く思い浮かべながら日々の課題に取り組んでいます。

なぜ土台なのか。
私の想いの一つに「リハビリは縁の下の力持ち」というものがあるからです。
リハビリが主張し過ぎず、リハビリが生活の中心になるのではなく、リハビリを必要としている方をリハビリという手段でそっと下から支えるようになりたいと想っているからです。


「スタジオぷらす登米」だけが頑張るのではなく、近隣の施設と協力しながら、地域全体を支えたいと考えています。具体的には他施設にリハビリの意味や効果、方法などを共有し適切な運動を提供する環境を増やしていきたいと思っています。その結果、「スタジオぷらす登米」の力が及ぼない多くの方や地域を支えられるようになるのではないかと考えています。


皆さんの応援には「スタジオプラス登米」や登米市、さらには日本を変える力になります。どうか応援をよろしくお願いします。

(理学療法士・小田智樹)

一般社団法人りぷらすweb site

一般社団法人りぷらす「入社式」

みなさんこんにちは、りぷらすの橋本です。
3月1日、私たち一般社団法人りぷらすでは、一足早い入社式を行いました。





今回は、登米市から1名、仙台市から1名、東京都から1名が常勤で、さらに仙台市から非常勤で1名が新たに仲間になりました。



常勤7名非常勤2名+ボランティアさん2名、総勢11名!!


今から3年前、たった3人で考え始めた事が、多くのみなさまに支えられ着実に育って参りました。 さらにますます、加速して活動して行きます!! パワーアップした、「りぷらす」を今後ともよろしくお願い致します。 詳しいスタッフの紹介は、また後ほど!


ただいま、クラウドファンディングに挑戦しています。 ぜひ、応援お願いします➡http://www.challengestar.jp/project/s/project_id/26

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site