手仕事と女性

気温差のはげしい今日この頃、皆様体調はお変わりありませんか?

*****



写真の女性。
もともと1人暮らしをしていた女性ですが、だんだん日中のみ独居になり、今はお子さんの家で暮らして居ます。最近はさらに会話への返答がゆっくりになったり、転倒が増えたりしています。

1人暮らしや日中独居だったときの楽しみは、畑仕事とお茶のみでした。
そこで、豆をさやから出すお仕事をしていただこうとさやつきの豆を出した瞬間、早速手が動きはじめ綺麗な豆と傷んでいる豆も丁寧に仕訳てくださりました!!



その後、女性の前に「お茶セット」を置かせていただくと…なんと、電動で出るポットもささっと使いこなしていました!今の電動ポットは解除ボタンがあるのでややこしいかと思いましたが、そこはお茶のみ好きですね!なんのそのでした。

今回の経験が、この女性の生活の何を変えるのかまだ不明ですが、楽しい時間や主体的な時間を過ごす女性の手と真剣な横顔は輝いてました!

(作業療法士・小山和良)

一般社団法人りぷらすweb site

りぷらす2周年感謝祭

5月17日にりぷらす2周年記念感謝祭を行いました。
東京、神奈川、埼玉県からボランティアさんに来て頂いてのですが、今回は去年よりも地元の方にお手伝い頂き無事に終える事が出来ました。 



今年も、子供から大人まで病気や障がいの有無にかかわらない方々にお集まり頂き、楽しい場となりました。 そして、今年はデイサービスを卒業して家での役割を取り戻した方が、餅つきを仕切って頂いたことで、無事に9升つき終える事が出来ました。
◆餅つきの様子を撮影した「動画」は、りぷらすFacebookページで公開中です!

 

地域のお母さん達についた餅を、取り分けて頂き、食べることが出来ました。 無事に2年迎える事が出来たのも、これまでご支援頂いた皆様のおかげです。 心より感謝申し上げます。



この大きな喜びを糧に、スタッフ一同精一杯努力して参る所存です。
リハビリのご相談などお気軽にご連絡下さい。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

(代表理事・橋本大吾)

一般社団法人りぷらすweb site

【りぷらす2周年記念感謝祭】

昨年に引き続き、今年も開催します!


「りぷらす感謝祭」
日時は、5月17日(日曜日)10:00~14:00です。
去年は子供から高齢者、障がいがある人も無い人も、総勢100名くらいの方がお越し下さいました。 餅つきから、餅の切り分けなどほとんどが利用者さんや住民さんに助けて頂きました。



今年も、昨年同様12升のお餅つきをする予定です。
かなりの量なので100名の方に参加して頂いても食べきれないと思います。
ぜひお餅をつきに、また食べに、遊びにいらして下さい。

また、企画や当日の準備も一緒にお手伝い頂ける方も募集しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。


一般社団法人りぷらすweb site

りぷらす車窓花見の会

皆さん、こんにちは。
りぷらす介護福祉士の畑山です。

4/18(土) 天候に恵まれたこの日。
スタジオぷらす利用者さん、ボランティアさん、スタッフ合わせて総勢27名は、
小型バスを貸し切って、お花見へ出発!



最初に向かったのは、柳津虚空蔵尊
宮城県登米市津山町
バスを降りて、境内を散策しました。

 

 

皆さん、お参りをされたり、ひなたぼっこをしたり。
一人ひとりがそれぞれの過ごし方で楽しまれたご様子でした。

地面は、木の根が張っていたり、砂利道だったり、でこぼこの道であったり。
利用者さんにとって、歩くことは容易ではありません。
それでも、この「お散歩」も皆さんにとって大切な運動の時間となります。
外出を通して、より日々の生活に近いリハビリができるのだと、
私自身学んだ時間でした。


続いて、登米の名所
「みなみかた千本桜(登米市南方町高石)」を車窓から眺めました。
登米市観光ガイド:動画を配信しています)
数日前の雨にも耐え、桜は待っていてくれました!



見事な桜並木。

「きれいねー」 「たくさん咲いてるねー」 

車内では皆さんの歓声が上がりました。

道中、元バスの運転手をされていた利用者さんがガイドをして下さり、
その内容に一同「へぇーっ」と感嘆の声。

民謡を歌って下さる利用者さんには手拍子を。



車内も春の陽気に負けない、笑顔と朗らかな雰囲気に包まれていました。

お昼のお弁当をいただいて、りぷらすへ到着。
あっという間にお花見は終わってしまいましたが …

「楽しかった」 「参加できて良かった」

等の感想をいただくことができ、とても嬉しく思っています。
このお花見会を行うにあたりボランティアさんや利用者さんのご家族、バスの運転手さん。
周りの方々の支えがあって、無事に終えることができ、りぷらす一同心より感謝しています。

次はどんな企画をしましょうか。 楽しみです。


(介護福祉士・畑山亜由美)

一般社団法人りぷらすweb site

うどん屋りぷらす…開店!?

りぷらす日記、初・執筆。
今年2月に入職したばかりの介護福祉士・畑山です。

4/15(水)午後。
スタジオぷらす利用者さんと一緒に「手打ちうどん」を作りました!!

「グラタンを作りたい」

これは利用者Aさんの夢、目標です。
Aさんは脳梗塞により半身に強い麻痺を残しており、
スタジオぷらすでは主に右手のリハビリを行っています。


こねる・のばす・切るの動作を必要とするうどん作り。
今回は、そのAさんを交え3人の利用者さんが挑戦しました。






皆さん 「初めて作るのよ~」 と言いながら、
慣れた手つきで生地をこねたり、のばしたり。
Aさんもスタッフが手を添えながら、右手で生地をさわっています。





うどん完成!





「美味しい~!!」 弾力があって、とっても美味しかったです。
「もっと食べてけらい」


利用者さんがすすめて下さり、スタッフももりもりいただきました。






「楽しかった」 …Aさんが帰り際におっしゃった言葉がとても印象的でした。


病気になっても、歳を重ねても、一人ひとりの望む生活はあって、小さなステップの積み重ねで実現可能なこともある。


今回のうどん作りが、Aさんの自信に繋がって、生活の原動力になっていけば良いなと思います。 次回は「グラタン屋さん」になるかも…?!



(介護福祉士 畑山亜由美)



一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site