宝江「長生大学」

スタジオぷらす登米・理学療法士の小田智樹です。
2月15日、登米市中田町宝江地区で開催された「宝江長生大学」に講師としてお招き頂き、受講者の皆さまと有意義な時間を過ごさせて貰いました。



受講者数は50〜60人、年齢も皆様々といった印象。講義では、登米市の医療と介護の現状、転倒の原因と予防といった内容を中心にお話しました。転倒予防を目的とした運動の方法について紹介すると、皆で手を取り合って足腰を動かす場面も。会場内は活気に大変溢れていました。



後日、主催者さまより、「毎日、講義で教わった運動を続けています」という声が受講者からあがっていると教えて頂きました。今後も、地域の皆さまのお役に立てるよう、デイサービス内にとどまることなく活動を展開してまいります。


スタジオぷらす登米
理学療法士・小田智樹

一般社団法人りぷらすweb site

【再掲】人材募集:未来の暮らしを作るために~社会を変える仕事をする仲間を募集中~

暦の上では立春が過ぎ春を迎えましたが、 まだまだ`寒い日が多く暖かい春が待ち遠しい今日この頃。全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますので、休日は外に出歩かず過ごす方も少なくないのではないでしょうか。

さて、先日に引き続き「人材募集」のお知らせです。
ただいま、一般社団法人りぷらすでは 未来の暮らしを作るために~社会を変える仕事をする仲間を募集しています。私たちと一緒に、サービスを利用されるお一人お一人の「ありたい暮らし」の実現を目指して行きませんか?詳しくは、上記URLに掲載される記事をご覧ください。

◆希望に溢れる職場です!!
気持ちの変化と、希望と、仲間。
スタジオぷらす石巻・ブログ記事へ移動します)


「お互い様」の気持ちが、自然と生まれるスタジオぷらす石巻。
先日も、立ち座りが難しい利用者さんがスタッフの声がけのもと一人で立ち上がれるようになると、周囲の利用者さんが一斉に、大きな拍手を送っていました。お互いを見守り、励まし合えるって素敵ですよね。採用規模の方には、随時見学を受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


一般社団法人りぷらすweb site

気持ちの変化と、希望と、仲間。



他の利用者さんから「隊長」と呼ばれ慕われるKさん。
今日もみなさんが隊長が訪れるのを待っていました。
Kさんの第一声により、朝のストレッチ運動がスタート!普段は私たちスタッフが進めるプログラムを全て担ってくれました。

そんなKさんは、毎回ご自分で自動車を運転して来所されます(運転中は非麻痺側の右足も使用)。今朝は天気も良く、「仕事するぞ!」と意気込んだそうです。しかし、いざスタジオぷらすに到着し、車を降り麻痺側を地面に着けると、その瞬間「やっぱりだめだ…」と思ったのだそうです。

明らかに気持ちの浮き沈みを感じていたKさん。でも、その気持ちも全てみんなに伝えたいと思ったとのこと。運動中、みんなの前でお話ししてくださいました。

「1年後くらいには、運転関係の仕事が見つかればな」

Kさんは、そう私たちに語ってくださいました。

仲間とともに、長く一緒に過ごしてきたからこそ、気持ちの波や変化に気付き、共に感じるのだなと改めて思いした。(作業療法士・小山)

【人材募集】希望に溢れる職場です!!

一般社団法人りぷらすweb site

「一人で居たら笑えないからね」

 

スタジオぷらす石巻より、社会福祉士の落合です。
寒い日が続きますが、本日も元気に活動しております!
上の写真は、先週末の一コマ。

私が靴下の左右を間違えて履いていることにはじまり…
マスクの位置がわからなくなっている自分を見て、普段笑わない利用者さんまで大笑い。
(皆さんのためを思い!!)わざと皆さんが手を挙げるような質問をすれば、「その質問じゃみんな手をあげるっちゃ」と裏をかかれたり。。

「一人で居たら笑えないからね」

利用者さんの中には、そうお話しされる方も居ます。
皆で一緒に過ごすからこそ、こうした「笑い」が生まれるのかもしれませんね。

(スタジオぷらす石巻)





一般社団法人りぷらすweb site

新年夢宣言

明けましておめでとうございます。
りぷらすは1月4日より元気にスタートしております。

新年ということもあり、デイサービス・スタジオぷらすでは、利用者さんの『夢宣言』を全員一斉に再作成しております。



『夢宣言』とは、その方のやりたいことや、リハビリを行う理由、目標をご本人に書いていただくものです。あくまで『夢』ですので、現実可能なことばかりでなくても構いません。“ハワイに行きたい”という夢もあります。夢宣言の作成を通じ、普段は心に潜めがちな、本当の生きる目的を垣間見れるといいなと思っております。

『夢宣言』を作成するたび、利用者さんお一人お一人について新たな気づきが生まれます。 例えば、最初の夢宣言では「前みたいに歩きたい」と言っていた方が、次の夢宣言では、「本当はね、茶の間を掃除したいのだよ」と話されることがありました。この「本当は茶の間の掃除をしたい」という思いをご自分から言葉にされるまでには、普段の会話にヒントがあったり、他の方の夢宣言を見聞きしたことも影響していたと思います。少しでも『夢』に近づけるよう、サポート出来たらいいなと思う新年でした。

(スタジオぷらす石巻)




一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site