【おたからサポーターの概要について公開します】

住民主体の介護予防の仕組みを始め、もうすぐ3年です。

この仕組みは、全くのよそ者である、理学療法士1名と社会福祉士1名が、中心となって
0から仕組みを作り、また地域の人々、関係機関とのつながりを作りながら、デイサービス
の事業と掛け持ちながら始まりました。

今年度になり、MED仙台老年社会科学学会などで、お話しさせていただく機会がありました。
十分にお話しすることができなかったので、ここでそのスライドを共有いたします。

よくある質問として、「同様の講座後に活動につながらない」という事に対する
原因と対策についても、簡単に記載してあります。

おたからサポーターの概要について(りぷらす)2017.7

興味のある方は、ご覧になってみてください。

(橋本)



一般社団法人りぷらすweb site

スタジオぷらす登米「夢宣言」コーナー

登米の利用者さんの『夢宣言』コーナーの看板・壁紙をリニューアルしました!
**全てスタッフの手作りです**



『夢宣言』とは、その方のやりたいことや、リハビリを行う理由、目標をご本人に書いていただくものです。夢宣言の作成を通じ、普段は心に潜めがちな、本当の生きる目的・ありたい暮らしを一緒に確認できたらといいなと思っています。(詳しくはH29.1.6のブログをご覧ください)

スタジオぷらす登米を利用されるSさんは、腰痛がありH29年1月より利用を開始しました。夢宣言を一緒に考えてていく中、「畑を耕し野菜を作りたい!!ご近所さんに作った野菜を持っていきたいんだ」という“想い”を確認し合うことができました。

スタジオぷらす登米では、畑で野菜を作るにあたって必要な作業、場所、不安点を一緒に確認し、動作の練習や、安全かつスムーズに作業をこなせる環境を提案していきます。


スタジオぷらす登米
介護士・佐藤順



一般社団法人りぷらすweb site

宝江「長生大学」

スタジオぷらす登米・理学療法士の小田智樹です。
2月15日、登米市中田町宝江地区で開催された「宝江長生大学」に講師としてお招き頂き、受講者の皆さまと有意義な時間を過ごさせて貰いました。



受講者数は50〜60人、年齢も皆様々といった印象。講義では、登米市の医療と介護の現状、転倒の原因と予防といった内容を中心にお話しました。転倒予防を目的とした運動の方法について紹介すると、皆で手を取り合って足腰を動かす場面も。会場内は活気に大変溢れていました。



後日、主催者さまより、「毎日、講義で教わった運動を続けています」という声が受講者からあがっていると教えて頂きました。今後も、地域の皆さまのお役に立てるよう、デイサービス内にとどまることなく活動を展開してまいります。


スタジオぷらす登米
理学療法士・小田智樹

一般社団法人りぷらすweb site

【再掲】人材募集:未来の暮らしを作るために~社会を変える仕事をする仲間を募集中~

暦の上では立春が過ぎ春を迎えましたが、 まだまだ`寒い日が多く暖かい春が待ち遠しい今日この頃。全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますので、休日は外に出歩かず過ごす方も少なくないのではないでしょうか。

さて、先日に引き続き「人材募集」のお知らせです。
ただいま、一般社団法人りぷらすでは 未来の暮らしを作るために~社会を変える仕事をする仲間を募集しています。私たちと一緒に、サービスを利用されるお一人お一人の「ありたい暮らし」の実現を目指して行きませんか?詳しくは、上記URLに掲載される記事をご覧ください。

◆希望に溢れる職場です!!
気持ちの変化と、希望と、仲間。
スタジオぷらす石巻・ブログ記事へ移動します)


「お互い様」の気持ちが、自然と生まれるスタジオぷらす石巻。
先日も、立ち座りが難しい利用者さんがスタッフの声がけのもと一人で立ち上がれるようになると、周囲の利用者さんが一斉に、大きな拍手を送っていました。お互いを見守り、励まし合えるって素敵ですよね。採用規模の方には、随時見学を受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


一般社団法人りぷらすweb site

気持ちの変化と、希望と、仲間。



他の利用者さんから「隊長」と呼ばれ慕われるKさん。
今日もみなさんが隊長が訪れるのを待っていました。
Kさんの第一声により、朝のストレッチ運動がスタート!普段は私たちスタッフが進めるプログラムを全て担ってくれました。

そんなKさんは、毎回ご自分で自動車を運転して来所されます(運転中は非麻痺側の右足も使用)。今朝は天気も良く、「仕事するぞ!」と意気込んだそうです。しかし、いざスタジオぷらすに到着し、車を降り麻痺側を地面に着けると、その瞬間「やっぱりだめだ…」と思ったのだそうです。

明らかに気持ちの浮き沈みを感じていたKさん。でも、その気持ちも全てみんなに伝えたいと思ったとのこと。運動中、みんなの前でお話ししてくださいました。

「1年後くらいには、運転関係の仕事が見つかればな」

Kさんは、そう私たちに語ってくださいました。

仲間とともに、長く一緒に過ごしてきたからこそ、気持ちの波や変化に気付き、共に感じるのだなと改めて思いした。(作業療法士・小山)

【人材募集】希望に溢れる職場です!!

一般社団法人りぷらすweb site
一般社団法人りぷらすweb site